The Philippine Institute of Japanese Language & Culture

 

In mid-1992, encouraged by its Chairman, the former Philippine Ambassador to Japan, JOSE S. LAUREL III, the Philippines-Japan Friendship Foundation, Inc. (PJFF) established the PHILIPPINE INSTITUTE OF JAPANESE LANGUAGE & CULTURE FOUNDATION, INC. (PIJLC). Its purpose was clear and singular-to provide Filipinos with a full-time, intensive preparatory course on the Japanese language (Nihongo) designed to provide its students with the proficiency needed to qualify for admission into Japanese schools and universities. Himself a formerryugakusei (foreign student) to Japan Ambassador Laurel and fellow- former ryugakusei share a common experience: that Nihongo itself is a formidable barrier to learning and acquiring a Japanese education. At the core of this barrier is the usage of a system of Chinese characters (Kanji) numbering around 2,000 which all ryugakuseimust master in order to pursue an academic objective in Japan.

フィリピン日本語文化学院(PIJLC)は、1992年、元駐日フィリピン大使ホセ・S・ラウレル3世が理事長を務める比日友子財団(PJFF)によって設立されました。その設立目的は、フィリピン人に全日制の集中日本語教育

を施すことにより、日本の高等教育機関に入学できるだけの日本語力を付けさせることであります。    

ラウレル元大使自身かつて日本に留学したことがあり、他に留学生同様、日本で教育を受けるには日本語習得という困難な壁を克服しなければならない、ということを痛感していました。その困難さの核にあるのが漢字であり、日本で学ぶには2000以上の漢字を習得しなければなりません。

 

As non-ethnic Chinese, Filipinos studying in Japan variably suffer a great disadvantage vis-a-vis counterparts from other Asian countries where Chinese is the mother or predominant tongue- such as China, Taiwan, and Hong Kong. The inability of even our brightest Filipino students to read and write Chinese characters translates into a unique, significant handicap for Filipino students in Japan.

漢字の習得は、中国、台湾、香港といった漢字圏からの留学生やシンガポール、インドネシア、タイから派遣される中国系の留学生にとっては、大きな障害となりません。 ところが、非中国系であるフィリピン人にとっては、大きなハンディとなっているのです。 どんなに優秀なフィリピン人にとっても漢字の読み書きは難しく、これが日本に留学する際の重大な障害となっています。

 

The PIJLC was therefore established to provide effective and solid Nihongo training for future Filipino ryuugakusei to Japan.  It recognizes the fact that the increasing number of Japan graduates from our Southeast Asian neighbors has resulted in a comparative advantage over the Philippines in the fields of business, economic, cooperation, research and development, science, technology and cultural exchange.
The PIJLC believes that there is a need to promote Japanese education among Filipinos, and that central to this need is a formidable language barrier.

そこで、日本留学を希望するフィリピン人に、しっかりとした日本語予備教育を施すために、本学院が設立されました。他の東南アジア諸国に目をやれば、日本の高等教育機関に留学した者が経済、商業、科学技術、研究開発、国際協力等の分野において活躍しており、この点においてフィリピンは遅れをとっています。 だからこそ、日本に留学するフィリピン人を増やす必要性があり、そのためには日本語習得という困難な壁を克服する必要があるのです。

 

The PIJLC basic course curriculum is therefore deliberately intensive and comprehensive. It attempts to stimulate Nihongo course offerings in Japan for non-Japanese where the students are subjected to Japan’s rigid discipline and study-work ethic within a ten-month program. The course involves significant memory work, endless practice drills, constant testing, reading and writing. The program is designed to meet the requirements for Level-2 proficiency according to the standards of the Japan Foundation.
 

そこで、本学院では9か月の集中日本語コースを付設、日本国内での留学生日本語教育同様、日本式の規律と勤勉を培う日本語教育を行っております。 国際交流基金が実施している日本語能力試験を目標に、日本語の読み書きを教え、数多くの練習と試験によって、多くのことを暗記させています。 


このような留学予備教育として「集中日本語コース」だけで出発した本学院ですが、フィリピンでの日本語教育のニーズの高まりに応えるために、「上級コース」と「翻訳コース」を開講し、さらに、フィリピン人の日本語教育を育てるために「教師養成コース」を設けました。 また、日本語教材の作成も始め、職業別教材の開発もしています。

このように、フィリピン日本語文化学院(PIJLC)は、日本語教育機関として、比日両国民の間の友情、尊敬、相互理解の促進に努めています。